近視について

近視ってな~に?

近視は屈折異常の一種です。
目に入ってきた光が網膜より手前で像を結び、遠くのモノがぼやけて見える状態です。
近視は、角膜から網膜までの距離(眼軸長)が長すぎる場合や、角膜・水晶体の屈折力が強すぎる場合に起こります。

モノが見えるしくみ

目はカメラのような構造で、さまざまなモノの色や形を光の情報として取り入れます。
目の角膜・水晶体はレンズに、網膜はフィルムに相当します。
実際にモノを見るときは、目に入ってきた光が角膜・水晶体を通り屈折し、網膜上に像が写し出されます。

カメラの場合

カメラの場合

目の場合

目の場合

軸性近視について

眼軸長(眼の奥行)が適正な場合

眼軸長(眼の奥行)が適正な場合

眼軸長が適正な場合、遠くを見たときに水晶体がふくらみ、網膜上にピントが合います。この状態を”正視(せいし)”といいます。

眼軸長が長すぎる場合

眼軸長が長すぎる場合

眼軸長が長すぎる場合、遠くを見たときに水晶体を十分薄くしても網膜上でピントが合わず、網膜の手前にピントが合ってしまいます。このような近視を”軸性近視(じくせいきんし)”といいます。
眼軸長は、成長に伴い長くなるため、近視が進行する場合があります。

角膜・水晶体の屈折力が強すぎることが原因で近視となる場合もあります。このような近視を”屈折性近視(くっせつせいきんし)”といいますが、ほとんどの近視は軸性近視です。

Universal View

施設の掲載等の問い合わせはこちらまで