近視が進むとどうなるの?

近視が進むと、視野異常や網膜剥離、失明にまで至ることがあります。
近視の若年化が進む現代、適切な矯正や近視の予防が必要です。年に一度は眼科専門医の検診を受けましょう。

近視が進んだ場合に考えられる症状の例

視野異常

視野の異常には、視野がかける「視野欠損」や視野が狭くなる「視野狭窄」等があります。
また、視野の中心部が見えなくなる「中心暗点」もおこることがあります。これらの症状がおこった場合は、薬での治療が必要になることもあります。

網膜剥離

眼球の中は硝子体(しょうしたい)というゼリー状の物質で満たされていますが、何かのきっかけで硝子体に網膜の一部が引きずられ、網膜に小さな裂け目ができてしまうことがあります。
この裂け目から網膜とその下の層との間に水分が入り、網膜が剥がれてしまった状態を、網膜剥離といいます。

網膜剥離

網膜剥離は放置すると失明(それまで視力があった人、見えていた人が視力を失うこと、見えなくなること)する場合があるため、手術による治療が必要です。

最近では、網膜剥離を起こす前段階である網膜分離症が、特殊な検査機器を用いると見つかることもあります。詳しくは眼科専門医にお尋ねください。

Universal View

施設の掲載等の問い合わせはこちらまで