オルソケラトロジーの流れ・ケア

オルソケラトロジーでは、日々の使用にも細心の注意が必要です。
使い方を守らなかったりレンズケアを怠ると、一般的なコンタクトレンズと同等のトラブルが起こり得ます。

定期検査

処方後も定期的な検査を受けましょう

  • 01

    初回検査

    1. 治療の説明
    2. 適応検査
    3. 装用練習
    4. レンズ処方
    5. 装用体験

    適応検査の例

    • 屈折検査・・・目のデータを測定する検査
    • 視力検査・・・目がどのくらい見えているかの検査
    • 角膜形状検査・・・角膜がどのような形をしているかの検査

    (詳しい検査内容は、眼科にお問い合せください)

  • 02

    レンズのお渡し

    1. フィッティング確認
    2. 装用練習
    3. レンズお渡し

    装用練習の例

    • レンズを洗浄、チェックをしてから目薬(人工涙液)をレンズの内側に数滴入れます。
    • 下を向き、両目でまっすぐ見ながら、レンズを軽く角膜に押し付けるように入れます。
    • 顔を上げてゆっくりまばたきをします。

    (詳しい検査内容は、眼科にお問い合せください)

  • 03

    定期検査

    レンズお渡しから・・・

    1. 翌日
    2. 1週間後
    3. 2週間後
    4. 1か月後
    5. 3か月後
    6. 以後3か月毎

    ※定期検査は、目の検査、レンズの取扱方法の確認など、レンズを快適に装用していただくためには欠かせない検査です。どんなに調子がよく装用していても、気づかないうちに目やレンズに負担をかけていることがありますので、医師に指示された定期検査は必ず受診してください。
    見え方が急に変化したり、何か異常を感じたりした場合はすぐにレンズの使用を中止して、決められた検査日以外でも眼科を受診してください。

    ※目やレンズに関して気になることがあれば、定期検査以外でも眼科にご相談ください。

    ※装用体験は行っていない眼科もあります。詳しくは眼科へお問い合わせください。

Universal View

施設の掲載等の問い合わせはこちらまで