オルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーとは、近視・近視性乱視の方のための視力矯正治療方法です。

「オルソケラトロジーレンズ」という、特殊な形状の専用ハードコンタクトレンズを使用するのが特徴です。

就寝時にこのレンズを装用し、そのまま就寝すると、寝ている間にレンズが角膜の形を変化させます。

それにより裸眼視力が矯正され、翌朝レンズをはずした後も、一定時間裸眼で過ごすことができるようになります。

従来のコンタクトレンズや眼鏡は日中装用し、就寝時にはずしますが、オルソケラトロジーは日中裸眼で過ごせるよう夜にコンタクトレンズを装用します。

現在販売されているオルソケラトロジーに使用するレンズは、ハードコンタクトレンズ素材のみです。

オルソケラトロジーは、夜寝る時に装用することで、日中の「裸眼生活」が可能になる、手術のいらない視力矯正治療です。

オルソケラトロジー治療は、50年以上の研究の歴史があります。

近年、アメリカや中国を中心に、世界各国で治療が行われています。

日本国内でも、2009年以降4製品が厚生労働省の承認を受け、徐々に広まってきました。

現在では、全国約500の眼科・クリニックを通じて、オルソケラトロジーが処方されています。

メガネやコンタクトに気を取られずにスポーツを楽しんだり、
花粉症用目薬を使用したりできます。

メガネでもコンタクトでもレーシックでもない治療「オルソケラトロジー」って?

※レンズの洗浄・保存は、推奨ケア用品の取扱ルールに従い 行ってください。
※レンズ装用時には、目やレンズに異常がないか、よく確認してください。

他の治療方法との比較

 

一般的なハードコンタクトレンズとの違い

一般的なハードコンタクトレンズは日中に装用しますが、オルソケラトロジーレンズは子供が夜寝ている間だけ装用します。そのため、日中は裸眼で生活することができます。
個人差はありますが、週2~3回の装用で効果が得られるお子様も少なくありません。 ケアの方法や感染症のリスクは一般的なハードコンタクトレンズと同様です。

レーシック手術との違い

レーシック手術は角膜を削るため角膜は元に戻りませんが、視力も維持されます(一度の手術で矯正視力が得られます)。
オルソケラトロジーはレンズを外せば元の角膜形状に戻りますが、同時に視力も戻ってしまうため、視力の維持には継続装用が必要となります。

 

オルソケラトロジーの流れ

オルソケラトロジーは、治療に関する講習を修了した眼科専門医が行う専門的な治療です。
治療中は日常的なレンズのケアや、眼科での定期検査が必要となります。
普通のハードコンタクトレンズと同様に、医師の指示に従わない場合やケアを怠った場合は、感染症などが発生するリスクが高くなります。
自分に合ったレンズ選びやレンズのケアについては、「オルソケラトロジーを成功させるためには」をご覧ください。

~オルソケラトロジーの流れ~

まずは適正検査を受ける必要があります。近視度数や角膜形状などによりオルソケラトロジーを受けられないこともあります。
レンズ処方日は治療説明と検査に加え、装用練習を行います。
また、実際のレンズを使った装用体験を行う眼科もありますので、オルソケラトロジーを十分理解し、納得したうえで治療を開始することをおすすめします。

治療開始後は定期的な検査を行いますが、気になることがあればすぐに眼科専門医に相談するようにしましょう。
(治療の詳細は眼科により異なります)

オルソケラトロジー治療ができる眼科・クリニック

オルソケラトロジー治療については、お近くの眼科専門医にご相談ください。

 

Universal View

施設の掲載等の問い合わせはこちらまで